年長さんの保護者さまの声

息子がついていけるのかどうか…
お迎えのときにみた嬉しそうな表情でほっとしました。

*

体を動かして遊ぶことが大好きだった息子は、文字や数字になかなか興味をもたず、私は心配になり「よみかきなび」の体験授業につれていきました。年中の夏でした。

まだ字という字も書けず、本人も戸惑っていましたが、「よみかきなび」の教育方針に同感していた私は本当に息子がついていけるのかどうか…授業時間も約1時間という長時間で、集中力が続くのかどうか…などなどいろいろ考えてしまい、不安な日々が続きました。

ところが、息子からは一度も「行きたくない」ということを言わず、宿題もいやがらずにやっていました。ある日、お迎えの時、遠くから息子の様子を見ていると先生にうまくできた所をほめられた時や、シールカードにシールをはる時、とても嬉しそうな表情をしていたのでほっとしました。

そして年長になり、2学期に入った頃でしょうか、あまり自分から進んで字を書くことがなかった息子が、「よみかきなび」で習った字はもちろん、まだ習っていない漢字までノートに書くようになりました。

また、簡単な絵本を私に読んで聞かせてくれたり、広告やテレビに出てくる文字を進んで読んだりするようになりました。これまで少しずつ積み重ねてきたことが、しっかり力になっていたのだと実感しました。

コンクールも励みになったようです。いただいたメダルを嬉しくて何日も離さず持ち歩いていたのを思い出します。

どんなに小さなことでも見つけて、ほめてくださった先生、お陰様で、息子の自信となり、少しずつですが、いろいろな事に意欲を持って取り組めるようになりました。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

そして、無理なく楽しく学べる充実した教材に出会えたことを大変嬉しく思います。これからもますます楽しく学んでいってほしいです。ご指導、よろしくお願い致します。