よみかきなびの
10の楽しいポイント

子供たちが“楽しい気持ち”で学び続けられる
工夫がたくさんあります。

①文字や数字に興味津々

*

普段から興味を持っていて、親しみのある文字や数字を学ぶ教室なので、子供たちは「これやりたい!」「もっと知りたい!」と楽しんで取り組んでくれます。

よみかきなびは、お子様に興味を持ってもらいやすい習い事です。

※文字や数字にまだ興味が無い場合は、興味を持ってからの入会をお勧めしています。

②楽しく覚えられる なびの歌

*

ひらがな46文字のきれいな形の覚え方・書き方・書き順を、「なびのうた」で楽しく覚えられます。

「するするおりて まーるくしゅっ!」
「ぐんとあがって するっとすべって まーるくしゅっ!」

「なびのうた」を覚えることで、日本の文字に共通する繊細なとめ・はね・はらい、わずかな丸みや間の部分を、子供たちは自然と身につけることができます。

③楽しく学べるプリント

*

オリジナルのプリント教材は、両面カラーで、キャラクターの“なびくん”や挿絵も入った、楽しいプリントです。

詰め込み過ぎず、幼児が楽しく学べる分量(嫌にならない分量)になっています。

ひらがな・カタカナ・漢字を学んでいけます。

④“きれいな字”を書く
仕上げボックス

*

プリントには、リボンのついた特別な「仕上げBOX」という枠があります。

練習した文字を、最後に、落ち着いて、ゆっくりと、きれいに書き込みます。

子供たちはみんな真剣に向き合い、大人顔負けのきれいな字を書いてくれます。

⑤はなまるやシールが
もらえる達成感

*

プリントにはなまるをもらえたり、レッスンの終わりにはシールをもらえます。

子供たちは達成感を味わいます。

⑥読む力がぐんぐん伸びる
オリジナル絵本

*

教材用のオリジナル絵本は、ルビつき漢字とひらがなが入り交じっています。

子供たちにとって漢字は絵のようなものなので、書くことができない字でも、何度か読み上げると、すぐに読み方を覚えてしまいます。

漢字を読める達成感や褒められる喜び、読めない字がある悔しさから、子供たちの学習意欲はどんどん上がっていきます。

⑦楽しく出来る宿題の量

*

宿題は、B5サイズのプリント1枚で、1文字または2文字を練習してくる内容です。

お子様にも保護者さまにも負担が少なく、無理なく楽しくできます。

⑧テンポがよく、
飽きさせないレッスン

*

レッスンの進め方にも工夫があります。

絵本の時間、先週の文字の復習、今週の文字の指導、キャラクターのなびくんが登場したり、なびのうたを一緒に歌ったり・・・と、色々なことをやって、飽きることなく最後まで集中できるように組み立てています。

⑨先生からの魔法の言葉かけ

*

何でもかんでも褒めるのではなく、よくできた一部分をきっちりと褒めてあげる指導を行っています。

また、その時々に合ったきめ細やかな言葉かけを行い、今やらなければならないことに気づかせます。

お子様への魔法の言葉かけで、集中力ややる気が大きく変わります。

⑩メダルと賞状がもらえる
コンクール

*

全国ひらがな・かきかたコンクールに参加して、レッスンの成果を試します。

参加者全員にメダルと賞状の授与があります。